ベルタプエラリア 飲み方

ベルタプエラリアの効果的な飲み方|副作用の原因2つって?

ベルタプエラリア

 

芸能人御用達のバストアップサプリ「ベルタプエラリア」。
そんなベルタプエラリアでバストアップしたいと思いさっそく購入。

 

ベルタプエラリアを効果的に飲みたいと思い、ベルタプエラリアの効果的な飲み方を調べてみました!

 

☆飲み方はタイミングで!

 

ベルタプエラリアは基本的にはいつ飲んでもバストアップの効果が出るようです。

 

でも「この時間に飲むと良いよ!」っていう時間があるんじゃないの?
と思い調べてみたらいくつかタイミングがありました。

 

@食前
A食後
B就寝前

 

です。

 

食前

食前のお腹がすいた状態は身体自体の消化吸収率がとても高いので、食前にベルタプエラリアを飲むことで、プエラリアを効率よく吸収してくれると言えるでしょう。

 

食後

こちらは胃腸が弱い方にオススメ。
食後に薬を飲むと身体に負担がかからないように、食後にベルタプエラリアを飲むことで身体に負担を掛けずにバストアップすることができます。

 

就寝前

実は寝ている間がホルモンの分泌が最も多い時間帯だと言われています。
ホルモンを分泌することで、疲労回復や美肌に効果があるそうです。
寝る前にベルタプエラリアを飲むことで、女性ホルモンを効率的に分泌させることができると思います。
また、ベルタプエラリアには睡眠促進成分が配合されているので、質の良い睡眠をとることができるでしょう。
ただ、夜更かしはバストアップに良くないので、遅くても0時までにはねるようにしましょう。

 

タイミングは組み合わせが可能で、夕食を20時までに済ませて、0時に就寝するときに飲めば、ある程度空腹状態でベルタプエラリアを飲むことができ、尚且つ、寝ている間のホルモン分泌をサポートすることができるのです。

 

夕食と就寝の時間差を考えるだけで、効果的にバストアップをすることができます。

 

だから私は「いつ飲むの?」と聞かれたときに、「空腹状態の睡眠前」と答えています。

 

ぜひ飲むときは飲むタイミングも頭に入れるようにしましょう。

 

☆ベルタプエラリアの副作用の原因って?

 

ベルタプエラリアで副作用が出た人の原因が

 

  • 過剰摂取
  • 飲む時期

 

この2つが主な原因だと言われています。

 

 

プエラリアの1日の摂取量は400mg程度だそうです。
ベルタプエラリアには1粒あたり133.50mgのプエラリアが入っているので、1日3粒摂取してちょうどいいくらいですね。

 

ただ、人によっては目安を守らずに過剰摂取をしてしまう方がいるようで、それにより副作用が出てしまったというケースがありました。

 

また、飲む時期によって目安を守って飲んでも副作用が出るケースがあるようです。

 

排卵日や生理が始まる前に飲んで、肌が荒れてしまったという方がいました。

 

☆副作用を起こさない飲み方って?

 

プエラリアには女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を活発にさせるイソフラボンが大豆の約40倍も含まれていると言われています。

 

女性ホルモンに作用するため、飲む時期が非常に重要と言われています。

 

【積極的に摂取する時期】
卵胞期:生理の終わり〜排卵日まで

 

卵胞期はエストロゲンの分泌が活発になります。
そのため、この時期にベルタプエラリアを飲むことで、効率的にエストロゲンを分泌することができます。

 

【摂取を控えめにする時期】
黄体期:排卵後〜生理が始まる2週間程度

 

黄体期はエストロゲンが減少し、プロゲステロンの分泌が活発になります。
そのため、プエラリアを飲むと、ホルモンバランスを崩して副作用を起こす可能性があります。

 

プロゲステロンは肌荒れやイライラ、倦怠感や頭痛、腰痛などの原因になるホルモンです。

 

生理前にニキビができやすくなったり、頭痛になったりなどの経験がある方も多いのではないでしょうか。
それはプロゲステロンが犯人だったのです。

 

黄体期はエストロゲンの分泌が減るので、たくさん飲んだほうが良いんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

 

でも大事なのは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスです。

 

黄体期にプエラリアを飲むと、エストロゲンが増えすぎて、ホルモンバランスが崩れて副作用が起きやすくなるのです。

 

黄体期にベルタプエラリアを飲む場合は1粒に減らすか、黄体期の服用はやめましょう。